太陽光発電の全量買取について

太陽光発電は発電した電気を電力会社に売ります。そしてお金をもらうことができるというシステムです。普通の住宅の太陽光発電は「余剰電力の買取制度」が採用されています。これは自分の家で使った電力を差し引いて、残りを電力会社に買い取ってもらうという方式です。これとは違う買取法が、「全量買取制」です。これは自分の家で使った電力を差し引くことはせずに、発電した全ての電力を電力会社に買い取ってもらいます。しかしこれには条件があります。ソーラーパネルの総出力が10kW以上のものだけと決まっています。産業用途が前提になっています。日本の住宅の屋根に設置できるパネルは4~5kW程度しかありません。なので全量買取法は普通の一般住宅ではできないことが多いでしょう。広い家で屋根も広くて、10kW以上のものを置けるなら全量買取法でいけます。

太陽光発電で全量買取を利用する条件

太陽光発電では、余った電力を対象とする余剰買取と、全てを対象とする全量買取の2種類で売電できます。全量買取を希望する場合、10kWh以上の発電量が前提条件です。10kWh以下は家庭用、10kWh以上は産業用と分類しているため、かなり大規模な太陽光発電システムが必要だと考えて構いません。アパートやマンション程度の大きさをイメージするとわかりやすいです。余剰売電よりも発電力が大きい分だけ、売電による収益が高くなるメリットを持っています。消費する分の電力は購入出来て、発電した分は全て買取が保証されているため、新築を検討する方にも注目されています。既に建築している家屋でも10kWh以上の発電が見込めるなら魅力的なシステムとして活用できます。初期投資の費用収益の見込みを比較して検討されるケースがほとんどです。

家庭での太陽光発電の全量買取について

近年、各家庭の屋根や空きスペースにソーラーパネルを設置しての太陽光発電が普及してきています。太陽光発電システムを自宅に設置した人は、発電した電力を電気会社に売ってお金をもらう事ができます。自家発電した電気量から、自分の家で使った分を引き、余った電気を売る余剰電力の買い取り制度と、これとは別に、全量買取制というものがあります。これは自分で消費した電力とは無関係に自家発電した全量を売電できる方式です。しかし、この方式が適用されるのはソーラーパネルの総出力が10kW以上のものだけです。10kW異常の電力を補うにはかなりの面積が必要で、普通の家の屋根だけでは不十分です。カーポートの屋根や庭の一部など使用しなければ補えないでしょう。また、全量買取の場合は設置時の補助金はうけられません。しかし、買取期間は20年とかなり長いのは有利です。この方式が可能な広さがあるかどうかは設置工事業者に相談、見積もりを出してもらう必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)