太陽光発電は全量買取りがオトク

今やあちこちの家の屋根には、太陽光発電が常識のように設置されています。自家発電として家庭での電力を供給でき、さらに余った分を電力会社に売ることができるとすれば、何だかすごく儲かりそうな気分になりますね。電力買取には2種類あり、太陽光発電の設置容量によって10kW以下の場合「余剰買取制度」それ以上の場合は「余剰買取制度」と「全量買取制度」とを選ぶことができます。保障買取期間は20年で、普及が進んだこともあり、売電価格は年々下がる傾向にあるようです。広い敷地面積が必要となるため、ある程度土地のある法人や、空き地、賃貸物件などを持つ人が対象となります。税制優遇措置もあるので、それらを利用するといいですね。震災後の原発廃止運動などの影響で、家庭での太陽光発電は今後も国民にとって関心が深い問題でしょう。自然環境や節電に対しても意識が高くなり、それはとても良いことだと感じます。

太陽光発電を利用して電気を全量買取

これから新築住宅を検討されている方は、オール電化住宅はいかがでしょうか。我が家もオール電化住宅です。プロパンガスは光熱費が高いということ、またどうしてもIHクッキングヒーターの利用が希望だったのでオール電化住宅で新築しました。ただ、太陽光発電は当初の予算の関係上見送ったのですが今となっては少し後悔している部分もあります。初期投資はかかるものの、電気の全量買取などのメリットを考えればこれから先毎日生活していくことで初期投資分は精算されるとのことです。オール電化住宅はそれだけでも光熱費は安いと考えます。それが日々の生活の中、太陽光発電のおかげでもっとコストが抑えられれば嬉しいですね。また、震災経験者としては太陽光発電で蓄熱された電気を、停電の際に利用できるというメリットは外せません。あの時ほど電気のありがたみを感じたことはありませんでした。

太陽光発電の全量買取について検討する

太陽光発電によって発電した電力を売る方法は、余剰電力買取と全量買取の2種類があります。余剰電力の買取に関しては、自分で使って、余った分の電力を売るという方法になり、全量の買取に関しては、発電した電力の全てを売るという方法になります。全量の買取をしてもらう場合、10キロワット以上の発電力が必要になってきますので、一般的な家庭では難しいようですが、広い屋根を有している家庭ですと、採用できる可能性があるようです。全量の買取は、企業であったり、賃貸マンションなどのパネルをたくさん設置でき、10キロワット以上の電力を発電できるところで多く採用されているようです。こういった電力の買取を行ってもらうことによって、良い収入を得ることができる可能性もありますので、メリットやデメリットを知り、採用を検討してみるというのも良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)