太陽光発電における全量買取とは

10kwを超えるような太陽光発電の設置をすると、余剰買取と全量買取の2つを選択することができます。余剰買取は主に自分の消費電力を賄ったあまりの余剰電力を売電するのに対し、全量買取は消費電力は電力会社から買い、発電した分は全て売電できる制度です。買い取り期間と値段も変わり、余剰買取の場合、期間が10年、買取価格が33円/kWh(出力制御対応機器有は35円)ですが、全量買取の場合、買い取り期間が20年、売電価格が2015年6月30日までは29円/kWhとなり、電力会社から買う15~25円/kWhよりも高くなります。買取価格も年々減っていく一方です。2010年の48円を上限に毎年少しずつ減っていっています。しかも期間内の買取は、燃料費などの仕入れ相場の市場によって変化することなく10年、もしくは20年は固定です。早期導入が高い収入に直結していきます。

太陽光発電の全量買取

今、環境問題が注目されています。発電方法も、よりクリーンな方法で行うようになってきています。クリーンな発電方法としての代表的なものは、風力発電と太陽光発電です。その他に日本では地熱発電などがあります。太陽光発電は日本では増えています。一軒家にソーラーパネルを付けている家庭は、ソーラーパネルで発電した電気を自宅で使用し、余った電気を買い取ってもらっています。ソーラーパネルを付ける一軒家は増えています。全量買取は、発電した電気をすべて買い取ってもらうシステムです。空き地などにソーラーパネルを並べているところがあります。家庭用のソーラーパネルの大きさと比べ、かなり大型です。このような施設は、国、県、市などで管理されています。その他に、広い面積の建物の屋根にも全量買取のソーラーパネルが設置されています。

太陽光発電の全量買取について

太陽光発電の全量買取は、太陽光発電して作り上げた電気料を全額買取りしてくれるシステムです。家をオール電化で建てて、太陽光で全ての電気料を補えれば、電気料は無料となり、余った不満を買い取ってもらえたなら、金額的にも優しく、エコになります。日本の家の電気を自然エネルギーでまかなえるようになれば、これほど地球に優しいことはありません。オール電化にすることで、ガスも使用しないのでいれば、これほどエコな家はありません。環境問題がささやかれる現代には、このシステムが、これからの地球を支える鍵となっています。太陽光を全量買取してくれることにより、自分自身のお金にもなります。これからの時代は、自分で自然エネルギーを利用し、発電していくことが大切です。それにより、地球の環境も良い方向へ向かい、自分自身も金銭面で得をするので、是非お勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)