太陽光発電の全量買取における買取価格固定期間

個人の家庭で太陽光発電システムを設置すると、余剰電力を電力会社に買い取って貰えるようになります。余剰電力の買取価格は10年間固定になっており、契約時の買取価格次第では長期間の売電収入を期待することも可能です。一般家庭でも、10kW以上の出力を持つシステムを導入した場合は全量買取制度が適用されます。全量買取の場合は買取価格の固定期間が余剰電力買取制度の場合と異なってくるので、ここも着目すべき点だと言えます。余剰電力の固定期間が10年なのに対し、全量買取の場合は20年間買取価格が固定されます。今後は電力の買取価格が下がっていくことが予想される為、20年間同一価格で買い取って貰えるというのは、とても大きな魅力となります。とはいえ、大容量の太陽光発電システムを設置する為には相応の導入資金も必要になります。一般家庭の場合はパネルの設置場所も広く必要になるので、適用できるケースは限られると言えます。

太陽光発電を全量買取の制度

太陽光発電が普及して20年以上経過しているようですが、まだ、実際に屋根に付いている光景は少ないように見受けられます。一時国や、自治体から補助金などの制度が設けられていた時期には、いくらか利用された方々もいらっしゃるようですが、その後は、普及が見られないように感じます。初期投資に少し高額な費用が掛かってしまうことが、ネックになっているように思われます。付けてしまえば、後は売電もできるのですが、微妙なところのようです。全量買取という制度もあるようですが、この場合は、出力が10kW以上でないと出来ないようです。そのため、一般家庭の出力では無理なようです。発電所や、工場などの屋上や、賃貸住宅の屋根などに付けるような、主に、産業用途が前提となるようです。一般住宅もかなり大きな家であったり、広い屋上などパネルが沢山付けられる広さがあれば、可能なようです。

太陽光発電の全量買取方式

最近、投資の一環として太陽光発電の導入が注目されています。太陽光によって生じた電気を売却することによって利益を得る仕組みです。電力の買取の仕組みは、家庭内で使われた電力と、太陽光発電によって生じた電力の余剰分を買取ってもらう「余剰買取」が一般的ですが、事業者によっては電力全てを買取る「全量買取」を扱う所もあります。当然全量買取の方がより多くの利益が見込めますが、こちらの方式で買取ってもらうには、ソーラーパネルの出力が一定の数値を越えなければなりません。つまり、その分設備を大きくしなければならず、投資に使う費用も膨れ上がります。設備を設置する場所の問題もあります。一般的な個人住宅のほとんどはそれだけの設備を設置するための広さを確保できません。ただし、他に土地を所有しているなど、住宅の屋根以外の場所が確保できれば全量買取の採用は可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)