太陽光発電による全量買取制度

太陽光発電パネルを設置すると発電した電力量に応じて電力会社が買い取る制度があります。発電容量が10kW以上になった場合に全量買取を選択することができます。自分で使う電気はこれまで通り電力会社から購入し、発電した電気を全部電力会社に売電することをさします。この買取制度は日本に太陽光発電を普及させるための制度であるため、普及が進んでいるここ数年は毎年買取額が下がっています。従って、太陽光発電の設置を検討しているのであれば、できるだけ早く設置するほど高い買取金額で売電することができます。一旦買取契約を結べば20年間は買取金額は据え置かれます。初期投資は必要になりますが、全量買取制度を契約できれば売却単価の方が高いために短い期間で資金回収することができます。買取制度がなくなった後でも、太陽光発電は続きますのでその後のエネルギーコストも下げることができます。

太陽光発電の全量買取りで節約生活

今では珍しくなくなった太陽光発電ですが、家庭で使っている電力の半分を買い取ってもらうということが多いはずです。しかし、家庭用ではなく企業で大規模発電を行っているところでは蓄えた電力を全量買取してもらっているところがほとんどになります。企業としては財産にもなります。家庭の場合は半分にしかなりませんが、家庭の助けにはなります。月々少しの収入にはなるはずです。またメリットとしては太陽光発電は停電したときに非常に役に立ちます。現在では新築住宅の大半が設置しています。他にも企業では土地を利用して大規模な発電施設を作っていたりします。全量買取は発電する量によっても買取額は異なりますし、地域差も出てきます。その点は電力会社に確認したりするとどのくらいの買取額かの目安がわかるはずです。ネット上でも計算システムがあるので試してみてください。

全量買取制度が利用できる太陽光発電システム

一般的な個人宅で設置することが出来る太陽光発電システムの容量は、多くてもだいたい5kWくらいまでです。このシステムによって作り出された電力を家庭内で使用し、余った電力を余剰電力として電力会社に買い取って貰うことが出来ます。この制度に対し、システムによって作られた電力の全てを電力会社に買い取って貰うのが全量買取と呼ばれる制度です。しかし、全量買取制度が適用されるのは10kW以上の容量を持つシステムを導入している場合のみに限られます。一般家庭でこれだけ大容量のシステムを導入するのはやはり難しく、基本的には企業等が利用できるシステムだと捉えておいて問題ありません。近年は企業の社屋や学校、それに賃貸住宅等の屋根にもソーラーパネルが設置されているケースが珍しくなくなっています。このような場合は全量買取制度が適用されており、相応の売電収入が見込めることから、ますます導入を検討する事業者が増えている傾向があると言えます。

モジュール架台金具防水処理完了部分の全ての写真データをお客様にお渡ししております。 当社の実績は、クリーンエネルギー、自然エネルギーの太陽光発電の設置工事を多くの方から依頼を受けている事です。 施工後にもし工事不良が起これば責任持ってアフターケア致します。 太陽光発電システム施工のサービス概要は、関東一円をエリアとし、防水処理万全で安心な完全自社施工で、製品や災害及び工事の保証を提供する事です。 太陽光発電の全量買取を検討はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)